奈良っこ、菊岡漢方、漢方薬、奈良。

2018年10月25日 ライター:

菊岡漢方薬局

菊岡漢方薬局

漢方薬とツボ押しで相乗効果 体質改善しつつ元気を充電

「漢方では冷えやコリを気・血・水の流れのバランスの乱れからきていると考えます。血の巡り、水分代謝、ホルモン分泌を良くして新陳代謝を高め、症状の緩和を図りながら根本的な体質改善を行います」と菊岡先生。気血の通り道が「経路」。その経路上にあるのが「経穴(ツボ)」で、的確なツボ刺激に、症状に合った漢方薬をプラスすれば、”鬼に金棒”の相乗効果!「漢方は、自身のうちにある生命力(自然治癒力)を活性化するもの。その手伝いをします」と先生。

老舗漢方薬オリジナルの
ハーブティーやお香 

奈良町散策の折にぜひ寄りたい創業830年の老舗漢方薬局。愁訴と体質を診る漢方薬の処方に定評あり。オリジナルのハーブティーやお香が大人気。百邪を払う生姜湯 や生姜飴は冷え予防にも。

●菊岡ブレンドティー 各2.5g×5包 500円
●しょうが飴(辛口・中辛)  1粒35円
●しょうが湯(辛口・中辛) 5袋入650円

冷えやコリのための処方

当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)
体力虚弱で胃腸が弱く、冷え性で貧血の傾向があり、疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸
■当帰四逆加呉シュユ生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいもの
■加味逍遥散(かみしょうようさん)
体質虚弱な婦人で、手足腰が冷え、肩がこり、疲れやすく、ときに精神不安など
■補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
元気がなく胃腸のはたらきが衰えて疲れやすく、冷え、病後の衰弱、食欲不振、寝汗

髪は“腎の華・血余なり”
髪と地肌トラブルは体調のバロメーター

「シャンプーのすすぎ残しは、バリア機能が弱くなった地肌のトラブルの元に。首から上の皮膚は、老化やホルモンと関係深い『腎』と『肝』の影響が大です。髪は皮膚の最先端、漢方では“髪は腎の華”とか“髪は血余なり”と言い、血行不良や血液成分の“余裕”不足が、抜け毛、ハリ・ツヤ感の欠如、白髪増につながります」と、菊岡先生。
 漢方パワーで、生命の源である『腎』と『肝』を強化し、栄養たっぷりの血液で新陳代謝を促せば、トラブルも解消に向かう。症状に合った処方の漢方薬で、健康な地肌に元気な髪を。

★メール、FAXでの相談・処方OK

ならどっとFM78.4
「医療同源」季節ごとの話題と体のケアを放送
(第4土曜11時〜11時半)
■FMハイホー81.4
火曜18時〜21時に出演

  • TEL  : 0742-22-6611
  • 営業時間: 9:00〜19:00
  • 定休日 : 月曜(祝日は営業)
  • 住所  : 奈良市中新屋町3
  • HPはコチラ


奈良っこ、菊岡漢方、漢方薬、奈良。
奈良町の人気景観スポット


奈良っこ、菊岡漢方åç、漢方薬、奈良。
24代目の菊岡泰政先生

*yomiっこ2018年11月号、2019年1月号、3月号掲載の情報です


  • 奈良っこ、ふう、奈良、抹茶。
  • 抹茶菓子処 ふう
  • 奈良っこ、西の京病院、奈良、消化器内視鏡センター、大腸、便秘、大腸炎
  • 医療法人 康仁会 西の京病院 メディカル最前線!vol.12
  • 奈良っこ、かんとりい、奈良市、オーガニック。
  • 毎日おいしいオーガニック かんとりい
  • 奈良っこ、抹茶、奈良。
  • お抹茶しましょ。
  • うどん、奈良。
  • うどん2019
  • 梅だより2019