2018年08月06日 ライター:

樂木/怪談朗読会『掌の怪談』

怪談朗読会

『掌の怪談』

日時

9月1日(土)

開場19:00 開演19:30

会場

樂木(らくもく)

内容

朗読専門プロデューサー中村劇場の怪談朗読会「掌の怪談」。

今回は夏目漱石、森鴎外などの怖い作品を、ワインと共にお楽しみいただきます。

  大人のための参加型朗読会プロジェクト

中村劇場特選!怪談朗読会『掌(てのひら)の怪談』開催のお知らせ

 朗読会を専門にプロデュースを手掛ける中村劇場(八王子市西寺方町 代表者 中村章江)は、大人のための参加型朗読会プロジェクトを立ち上げ、その一環として成人以上を対象とした怪談朗読会『掌の怪談』を、フリースペース樂木(らくもく)(奈良県葛城市)で開催します。

 平成25年度文化庁による「国語に関する世論調査」によると、一カ月に一冊も本読まない割合は、47.5%。過去10年でみると30代と40代が急増し、50代からの右肩上がり傾向は不変。30代から40代にかけての子育てや、50代から始まる介護や高齢化による視力低下など様々な要因は考えられます。

本が読みたくても読めない世代に向けて、作業をしながら、またスキマ時間に、目を使わなくても、“本を聴く楽しみ”を提供できるのが朗読です。朗読を聴いて楽しむため、また自分自身が朗読することで日常とは違う自分を表現するための場としての「大人の参加型朗読会」を企画・プロデュースすることで、中村劇場は朗読でできる新たな価値を創出していきます。「大人の参加型朗読会」は、平成29年度小規模事業者事業化補助金採択事業(東京)です。

 中村劇場の朗読の特徴は、作品選び、音楽、そして衣装としての着物です。作品は明治以降の文豪作品が中心ですが、「こんな作品あったの?」という意外性のある作品を発掘しています。作品の合間や休憩時間には、作品イメージに合わせたジャズやポップス等の音楽を流し、し~んと静まり返った朗読会とは一味違う、賑やかで、参加し易い雰囲気作りをしています。衣装の着物は、全て古着。知られていない作品、眠ったままの着物に、音楽もそえ、スポットライトあてることで、新たな価値として紹介するのが中村劇場流朗読会です。

「大人の参加型朗読会」の第一弾として開催する今回の怪談朗読会『掌の怪談』。

タイトルは、朗読を始めるきっかけにもなった川端康成の短編作品集「掌の小説」(新潮文庫)に由来します。

今回は、夏目漱石、内田百閒、森鴎外の怖い作品を、ワインなどのお酒と共にお楽しみいただく大人向け趣向の

参加型朗読会。会場ではロウソクを演出に使用し、怪談の雰囲気を盛り上げます。

定員・対象

35名(要予約、20歳以上)

料金

2,500円(赤白グラスワイン1杯付、ノンアルもあり)

TEL

中村劇場 中村章江

080-3445-7386

住所

葛城市寺口907-1

交通

近鉄新庄駅から会場まで往路のみタクシー無料サービス。要事前予約

主催

中村劇場


  • 健康、やせ、メソッド、おすすめ店、奈良。
  • 夏前のゆるんだカラダを、Let’sメンテナンス!健康やせメソッド
  • 焼肉、おすすめ、奈良。
  • 夏の肉フェスティバル2018in奈良
  • 梅雨を吹っ飛ばせ 奈良の元気になるカレー!
  • Lumbini
  • Curry&Cafe 105
  • 光明山 阿弥陀寺 みねのてら