2018年07月24日 ライター:

東大寺/東大寺歌舞伎

東大寺世界遺産登録20周年記念

東大寺歌舞伎

フェスティバル奈良

日時

9月23日(日・祝)

開場18:00 開演19:00

会場

東大寺大仏殿前 特設ステージ

内容

【演目】

「藤娘」

舞台一面に咲き誇る藤の花房。その花の中から現れた一人の娘(七之助)。塗笠を被り藤の枝を担いだ美しく艶やかなその姿はまるで藤の精。藤の花に戯れながら、時には可憐に、時にはしっとりと恋する女心を踊ります。三味線を始めとする日本独特の歌舞伎の音楽も聴きどころ満載です。数ある舞踊の中でも特に有名で華やかな一幕をどうぞご堪能ください。

「連獅子」

「松羽目物」という能舞台を背景にした舞台に、手獅子を持った狂言師の親子が現れます。白頭の獅子を手にしたのが父である右近(勘九郎)。赤頭の獅子を手にしたのがその子である左近(虎之介)。獅子は生まれた子を谷底へ突き落とし、這い上がってきた子だけを育てるという厳しくも暖かい親子の愛情が描かれた伝説を踊ります。その後、獅子の精になった親子は息を合わせ長い毛を振りながら豪快にそして勇壮に舞い納めます。迫力満点で見どころ満載の舞踊をどうぞお楽しみください。

料金

【SS席】11,000円【S席】8,000円

【A席】5,500円

※未就学児入場不可

問い合わせ

SAP

03-6912-0945(平日10:00~18:00)

住所

奈良市雑司町406-1

交通

市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

または、近鉄奈良駅から徒歩約20分

主催

フェスティバル奈良実行委員会、奈良県


  • 奈良っこ、ママン、奈良、ケーキ、クリスマス、クリスマスケーキ
  • Xmas Cake 2018【前編】
  • 奈良っこ、冬グルメ、奈良、忘年会、新年会。
  • 冬グルメ【前編】
  • 秋、蕎麦、奈良。
  • 本気の秋蕎麦
  • 一陽館、漢方、奈良、漢方の一陽館薬房。
  • WEB連載~もっと知りたい漢方のこと~ 第1回『はじめての漢方相談<前編>』
  • 梅雨を吹っ飛ばせ 奈良の元気になるカレー!
  • Curry&Cafe 105