2018年07月24日 ライター:

京都国立近代美術館/バウハウスへの応答

「バウハウスへの応答」

日時

8月4日(土)~10月8日(月・祝)

会場

京都国立近代美術館

内容

 1919年、今からほぼ100年前に先進的な総合芸術学校「バウハウス」が、ドイツのヴァイマールに設立されました。

設立に際し、初代校長ヴァルター・グロピウスは、「バウハウス宣言」を公にします。そこには、建築・絵画・彫刻の3つのジャンルを表す尖塔をもつゴシック様式の聖堂を描いた、ライオネル・ファイネンガ―の木版画が添えられました。

 あらゆる造形活動を手仕事の訓練と習得を通して統合し、新たな時代・世界に相応しい建築さらには社会の創造を目指したバウハウスは、その教育理念と独創的なカリキュラムによって、ドイツ国内のみならず、ひろく世界に大きな影響を及ぼしました。本展は、そのバウハウスの今日的意義を再考するプロジェクト「bauhaus imaginista(創造のバウハウス)」の一環として開催されるものです。

ここでは、ドイツで生まれたバウハウスの教育理念とカリキュラム、特に工房教育と予備課程が、日本とインドという異なる歴史・文化背景を持つ地域で、どのように受容され展開したのかに注目し、その足跡を。100点あまりの関連資料や記録、当時の学生たちの作品などによって辿ります。

本展が、「バウハウス宣言」を起点に、理念と実践の連携による教育さらには社会刷新の可能性と重要性、グローバル化とローカリティの関係性、そしてそれを踏まえた文化そしてその交流の多様性について再考する機会になることを期待します。

料金

一般430円、大学生130円、高校生以下無料

休館日

TEL

075-761-4111

住所

京都市左京区岡崎円勝寺

主催

京都国立近代美術館、バウハウス協会ベルリン・デッサウ・ヴァイマール、ゲーテ・インスティトゥート、世界文化の家


  • 星降る夜に出かけよう。イルミネーション2019
  • クリスマスケーキ2019
  • 冬グルメ2019
  • narakko・奈良っこイベント掲載希望
  • イベント掲載登録フォーム
  • yomiっこ10月号、蕎麦特集。蕎麦をたぐり酒をたしなむ!
  • 蕎麦をたぐり酒をたしなむ!旬蕎麦
  • 西の京病院、メディカル最前線。カラダとこころ一体の機能回復でQOL(日常生活の質)向上。リハビリテーションセンター。奈良市の医療法人。脳血管障害・運動器疾患障害・呼吸器障害の方々の治療を行っていますが、障害名は同じでも個々の身体状況と必要な動作は異なるので、一人ひとりに即した療法を、医師・看護士、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士らが、センター全体で把握しチームプレーで提供しています。リハビリや運動に欠かせないモチベーション(意欲)を持続するためには達成感が大切です。そのために、運動がうまくできたことや運動の効果を実感(成功体験)してもらえるように声掛けしています。取材協力/医療法人康仁会 西の京病院 TEL.0742-35-1122(メディカルプラザ薬師西の京事務局)奈良市六条町102-1
  • 医療法人 康仁会 西の京病院 メディカル最前線! vol.18