2018年07月13日 ライター:

奈良県立美術館/明治150年記念企画展 美の新風―奈良と洋画―

明治150年記念企画展

美の新風―奈良と洋画―

日時

7月21日(土)~9月17日(月・祝)

会場

奈良県立美術館

内容

「洋画」とは、日本古来の画材や技法を用いた「日本が」に対し、ヨーロッパで生まれた油彩画や水彩画などを指し、明治時代以降、本格的に日本に定着した絵画の一分野です。

この新しい文化が奈良にもたらされたのは、穏やかな気候と豊かな自然にひかれ、洋画家たちが奈良を訪れるようになる明治時代も後半のことです。

以降、この地に移り住んだ画家たちによって画塾や展覧会が開かれるようになり、一方では、学校での美術教育を通じて国内外で活躍する画家も輩出されるなど、洋画は徐々に奈良の地に根づいてゆきました。

この展覧会では、本年が明治時代の始まりから150年を迎えるのを記念して、この時代に大きな動向を見せた「洋画」の奈良での展開を紹介します。

奈良ゆかりの作家たちによる作品や、奈良を描いた洋画の名品をご覧いただき、古都に吹いた美の新風を感じていただく機会となれば幸いです。

料金

一般400円、高大生250円、小中生150円

※毎週土曜日は小中高生無料

休館日

TEL

0742-23-3968

住所

奈良市登大路町10-6

交通

近鉄奈良駅1番出口から徒歩5分

JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車、徒歩5分

主催

奈良県立美術館

http://www.pref.nara.jp/11842.htm


  • 秋、蕎麦、奈良。
  • 本気の秋蕎麦
  • 一陽館、漢方、奈良、漢方の一陽館薬房。
  • WEB連載~もっと知りたい漢方のこと~ 第1回『はじめての漢方相談<前編>』
  • 焼肉、おすすめ、奈良。
  • 夏の肉フェスティバル2018in奈良
  • 梅雨を吹っ飛ばせ 奈良の元気になるカレー!
  • Curry&Cafe 105
  • 光明山 阿弥陀寺 みねのてら