2018年05月16日 ライター:

おおつかクリニック

免疫低下・自律神経の乱れに注意

梅雨の時期は、湿度・気圧変化に伴う免疫系の機能低下による気管支炎・胃腸炎、自律神経系の不調に起因する睡眠障害などの症状が多くなります。体調が悪くなくても油断せず、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの良い食事、ウォーキング等の軽い運動を心がけましょう。

大塚 博之

院長

*yomiっこ2018年6月号に掲載の情報です


おおつかクリニック

  • WEBSITE

  • MAP

おおつかクリニック

生駒市北新町10−36

9:00〜12:30 16:00〜19:00

土曜午後休診、日祝日

あり

TEL:0743-73-1070

おおつかクリニック

  • 星降る夜に出かけよう。イルミネーション2019
  • クリスマスケーキ2019
  • 冬グルメ2019
  • narakko・奈良っこイベント掲載希望
  • イベント掲載登録フォーム
  • yomiっこ10月号、蕎麦特集。蕎麦をたぐり酒をたしなむ!
  • 蕎麦をたぐり酒をたしなむ!旬蕎麦
  • 西の京病院、メディカル最前線。カラダとこころ一体の機能回復でQOL(日常生活の質)向上。リハビリテーションセンター。奈良市の医療法人。脳血管障害・運動器疾患障害・呼吸器障害の方々の治療を行っていますが、障害名は同じでも個々の身体状況と必要な動作は異なるので、一人ひとりに即した療法を、医師・看護士、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士らが、センター全体で把握しチームプレーで提供しています。リハビリや運動に欠かせないモチベーション(意欲)を持続するためには達成感が大切です。そのために、運動がうまくできたことや運動の効果を実感(成功体験)してもらえるように声掛けしています。取材協力/医療法人康仁会 西の京病院 TEL.0742-35-1122(メディカルプラザ薬師西の京事務局)奈良市六条町102-1
  • 医療法人 康仁会 西の京病院 メディカル最前線! vol.18