アルカイック、奈良、住まい。

2018年04月25日 ライター:

【ここちよい暮らしの間取り】ARCHAIQUE建築設計事務所/アルカイック

お気に入りのワンフロアで生活が完結!

70歳を過ぎても現役で仕事をし、年に数回の海外旅行も楽しむTさん夫妻(夫74歳、妻70歳)。お気に入りの家は、1階で生活のすべてが完結できるように2階屋を改修。「外国のどんな五ツ星ホテルよりも我が家の方がいい」と家での生活を謳歌する。 今までの水周りを活かしながら、寝室からトイレ、洗面、浴室と直行でき、浴室前のユーティリティに洗濯機、そこから外の物干し場へ直行できる設計。玄関を挟んでLDKは、合理的な家事動線と冷蔵庫やオーブンまで入る収納スペースを設け、すっきりとした広々空間に。冷暖房効率の良い造りでヒートショックも防ぐ。


アルカイック、奈良、住まい。
ベッドから洗面、トイレ、入浴、身支度とすべてが一か所で完結

リビング上部のロフト(約15畳)は、孫(高校生)の来訪時用。「孫の気配が伝わり、心和む」という。また、夫妻が「イギリス部屋」と呼ぶ寝室続きの英国コッツウォールズ風の小部屋が、生活をより潤沢にしてくれているとのこと。

元の家の鉄骨も軽快でおしゃれな梁に

アルカイック建築設計事務所、住まい、奈良。
ベッドを降りたら洗面、トイレ(左手)

サンルーム「イギリス部屋」

*T邸(奈良市)70代夫婦

*yomiっこ2018年5月号掲載


  • 星降る夜に出かけよう。イルミネーション2019
  • クリスマスケーキ2019
  • 冬グルメ2019
  • narakko・奈良っこイベント掲載希望
  • イベント掲載登録フォーム
  • yomiっこ10月号、蕎麦特集。蕎麦をたぐり酒をたしなむ!
  • 蕎麦をたぐり酒をたしなむ!旬蕎麦
  • 西の京病院、メディカル最前線。カラダとこころ一体の機能回復でQOL(日常生活の質)向上。リハビリテーションセンター。奈良市の医療法人。脳血管障害・運動器疾患障害・呼吸器障害の方々の治療を行っていますが、障害名は同じでも個々の身体状況と必要な動作は異なるので、一人ひとりに即した療法を、医師・看護士、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士らが、センター全体で把握しチームプレーで提供しています。リハビリや運動に欠かせないモチベーション(意欲)を持続するためには達成感が大切です。そのために、運動がうまくできたことや運動の効果を実感(成功体験)してもらえるように声掛けしています。取材協力/医療法人康仁会 西の京病院 TEL.0742-35-1122(メディカルプラザ薬師西の京事務局)奈良市六条町102-1
  • 医療法人 康仁会 西の京病院 メディカル最前線! vol.18